スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

土曜日の再会.

2010年06月23日
土曜日はsuikyoさんたちと会った後、
ラボで実験してから、日曜日のリベラルアーツカフェスタッフのため静岡へ。

静岡駅構内を歩いていると、友達にばったり!たまに集まって飲む、高校の友達。
「偶然!!今サッカー観るとこだよ、来る?」
ということでスポーツバーみたいなところに合流~。後半戦から応援。
ようやく代表選手の顔と名前がわかりだしてきた。。

高校の頃、あまり話したことのない人もいたけれど、
話してみると、昔からよく話していたような気がするくらい違和感がない。
それが地元ってことかしら。

今になって話してみて、高校の時話していたら仲良くなれてたかもなーってことは男女問わず
ときどきある。

これって高校の時よく話していた友達と、今話してみて同じように思うこともある。
他愛ない話でよく話していた友達と、もうちょっと深く話していたら、
当時からすごく気の合う友達だったんじゃないかって。
当時たまたまそういう機会がなかったからなのか、今の私たちがお互いちょっとずつ変わった
からそう感じるのかわからないけれど。

そして不思議なことに、昔から他愛ない話ばかりで、お互い深いところで考えていることなんて
言わないんだけれど、昔から気が合う(であろう)と思っている友達もいる。
今でも特に自分から連絡はしないし、ごくたまに会うだけだけど、いざというときは
最強になれる気がする。そんな形もある。
まぁこれは、私がそう一人で思っているだけかもしれない。

そしてもちろん、知り合った頃から、考えてることを言い合う友達もいる。

私の中の親友には大きく分けて2パターンあるみたい。
「なんでも言い合う親友」と「なんにも言い合わない親友」。
変なの。

友達についてちょっと考えた土曜日の夜でした。
日本惜敗。
ブログ | Comments(0) | Trackback(0)

土曜日の出会い.

2010年06月23日
土曜日は、ずっとお会いしたかったsuikyoさんに、お会いしました!
共通する後輩に紹介したいただく形で。

二人とたくさんお話して、とにかく元気をもらいました。
いろいろな気持ちがメンテナンスがされたような。
いえ、悩み相談とかそういうんじゃないですよ。
「ルンルン」って状態が一番活力を発揮できる状態なのかも。
私の場合、「ルンルン」より「とりゃーっ」って感じです。

お話して「とりゃー」になりました。
がんばろー。
ブログ | Comments(2) | Trackback(1)

学生実習が始まりました.

2010年06月16日
学生実習が始まりました.
おもに微生物と顕微鏡を使用します。
私学だからか、やはり人数が多いですね!

顔と名前が一致するのに時間がかかりそうです。
実習中はなるべくぐるぐると見渡そうとしていますがなかなか大忙しです。
いろいろな学生がいますがみんな結構真剣。

「先生、こんなのがはえてきました。」と聞きに来た学生が何人かいましたが、
「お~なんだろ!~かな。おもしろい!」みたいに私たちが答えると、
結構みんな嬉しそうな顔を垣間見せて、それが「なにか」「なぜか」という方向に
考えをめぐらせているようでした。
先生やTAが楽しいんでいるのか、興味を持っているのか、真剣か、というのは
すぐに学生が見抜いてしまうのでしょう。

ちょっと迷うのは、私が学生に話すときに、ですます調で話すかどうか。
今はなんだか混ざっています。
手順などを指導するときは、ですます調。
個々に話しかけるときは「~だね。」という風になっています。

まだ「先生」と呼ばれるのにぎこちなさを感じている今日この頃です。

ブログ | Comments(0) | Trackback(0)

ちょっとした一言が嬉しい.

2010年06月14日
今朝、大学から一時帰宅するときに、
管理室の守衛さんが声をかけてくださった。

「毎日大変ですね。体は壊さないようにね。」

ちょっとした一言ですが、非常にありがたく。
疲れた体に癒しです。そして認識力はさすがプロだなと。
これから、自宅でデータのまとめをしなくては。

月曜日は早く寝よっと。
ブログ | Comments(0) | Trackback(0)

頭の中お掃除な土曜日.

2010年06月01日
土曜日は、0to1ミーティング→日本科学未来館→Venus Fortでした。

まずは、0to1のミーティングにお邪魔させていただきました。
今年度の代表は以前の研究室の後輩というつながりもあり、声をかけていただきました。
一緒に行ったのは、リベラルアーツカフェ代表でおなじみの宮田さん。
リベラルアーツカフェでは第1回に客として行って以来、
実行委員としてご一緒させてもらっています。

さてさて、土曜日は東大で大学祭が行われておりまして、
「たこ焼きどうですかー?」
「模擬裁判やりまーす。」
「お笑いライブ観に来てくださーい。」
という声をかきわけながら、
0to1のミーティングへ連れて行ってもらいました。

議論の場に入るということでやはり刺激を受けました。
団体の中で、多様な人たちがいつつ、それぞれがそれぞれの分野で自ら研究に携わっているという共通項を持つ。自ら研究に携わっているということがおそらく特徴で、そのことが議論展開のバックボーンとして太くあるのだろうなと感じました。

私はここ最近、チームで議論する機会が減っていたので、
このように集まって議論して各々が自分で感じた宿題を持ち帰って、というサイクルが
自分に不足がちだなと思いました。
議論の場ももちろん大事だけれど、宿題を見つけて持ち帰るという頭の中の作業が重要だと。

時間はすぐにたってしまい、
みなさんとランチをしてお別れ。

次に、そのまま宮田さんと日本科学未来館へ。
お目当ては、「デザイン×科学 地球マテリアル会議」
実は私、初未来館!サイエンスアゴラも来たことなかったので。
相当の時間、「デザイン×科学 地球マテリアル会議」の展示をじっくり味わいました。
こういうの好き。宮田さんとだったので、気兼ねすることなく、
これはあーだねこーだね、と一つ一つ立ち止まりいろんな角度から見て
触れて嗅いで・・。
アートと呼ばれる領域のものからサイエンスな一面を見つけるのは
本当に楽しい作業です。

このプロジェクトのコンセプトは”モノを「時間の流れ」の中でとらえる”ということでした。
私は物質循環にかかわる微生物の研究をしていますが、
物質の流れとそれに伴う時間とそれにかかわる微生物が鍵となります。
最近は特に「時間」が気になっています。
たとえば、2010年6月1日朝9時のある土壌の微生物群集の構成というのは、
どれくらいの時間の周辺環境を大きく反映しているのだろうか。

その後、ほかの常設展示をまわり、とても全ては見られずに閉館の放送が。
つづきはまた今度。外はすっかり冷えていました。

夕飯どうすっぺか、ということになりVenus Fortへ。
おいしいピザを食べつつ、リベラルアーツカフェの話も。
実は近々私がゲストになる予定でして、話の進行の仕方の相談。
そのあと服をみたりブラブラ。
なんだか若者だわー。

東京に来てからの私は、銀座で歌舞伎、巣鴨で商店街、築地で寿司・・・
熟年夫婦みたいな散策っぷりなので。。

さて、長くなってしまいましたが、
濃厚な土曜日を過ごし、普段の研究から一歩違うところで頭を使って
頭の中をお掃除できたようなルンルン感でした。
ブログ | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。